【視察】由仁保育園と三川保育園を視察しました

【視察】由仁保育園と三川保育園を視察しました

本日、教育委員会および保育協会の視察に同行させてもらう形で、隣町の由仁町の2つの町立保育園を視察してきました。

■由仁町立由仁保育園

img_4403

由仁の市街地の中にある由仁保育園は、コンクリート打ちっぱなしの近代的な建物で、建物内は吹き抜けや大きな窓の効果で、とても明るい開放的な空間になっていました。

img_4392

由仁の保育園は、夕張と異なり町立の保育園となっていることもあり、園内に子育て支援センターがありました。視察させていただいた時間が、保育園に通園していない町内の未就学児に開放されている時間帯であったこともあり、子どもたちや母親がたくさん集っていて、とても賑やかでした。

子育てママの居場所とも成り得ているこの保育園の役割は、非常に大きいのだと感じました。

yuni

今回は、保育園としての機能などの他に、建物の設計やコンセプトに注目して視察してきました。なぜなら、この由仁保育園を設計した「アトリエブンク」という会社が、現在、本市において検討を進めている拠点複合施設を設計することに決まったからです。

由仁保育園を設計するにあたっては、次のようなテーマをもってあたられたとホームページで紹介されています。

緑豊かな園庭と内部空間をどのように関係づけるかが重要なテーマであった。
子どもたちの集団活動の場である遊戯室は園庭に面して1階に配置した。周辺より1m程度掘り下げられ窪地状の大地から築山へとなだらかにつながる園庭と連続させることで、一体化した活動を可能にした。

実際に視察してみて、テーマに沿った設計に成功されており、子どもたちの快適な居場所として素晴らしい建物になっていると感じました。